学生ローンのマルイは返済しやすい

マルイの返済方法

キャッシングの返済には多くの方法のがあります。良く利用されるのがリボルビング払いという方式です。支払い回数を決めるのではなく、毎月の返済額を最初に決めるという方法です。毎月1万円を返済するという契約をしたら、その額をずっと支払い続けます。家計のやり繰りがしやすい反面、返済期間が延びてしまい、総支払額が多くなるというデメリットがあります。これに対してマルイが採用しているのは自由返済方式です。これは文字とおり、毎月の返済額を自分で自由に決められるというものです。ただ、最低返済額として、その月の利息は必ず払わなければなりません。たとえば10万円を利息15%で借入すると、30日つまり1ヶ月で約1232円の利息が付きます。自由返済方式では、この1232円を最低返済額として返済額を自分の都合に合わせて返済できます。

自由返済方式のメリット

マルイが採用している自由返済方式のメリットは、返済額を自分で決められるという点です。学生であれば、アルバイト収入で返済することになりますが、テスト期間はアルバイトにもなかなか入れません。逆に夏休みであれば、アルバイトを増やして収入をアップさせることもできます。自由返済方式では、アルバイトで働ける日数が少ないときには利息だけを返済して、収入が多いときに一気に返済することが可能です。

自由返済方式のデメリット

マルイが採用している自由返済方式は、アルバイト収入が一定ではない学生にとってはありがたい方法と言えますが、逆に返済計画を自分で立てる必要がある点がデメリットと言えるでしょう。リボルビング払いでは自動的に決められた額を返済することになりますが、自由返済方式では、常に借入残高を念頭に入れておく必要があります。完済日の目標を立てて、どの月にどの程度の額を返済するのかをしっかり計画しておかなければなりません。また、何らかの不足の事態が起こったときの用心も必要になります。また、利息だけ支払っていると、借金の元金そのものは減っていきませんので、この点にも注意が必要です。

LIST