学生ローンのマルイの利用方法

借入方法

マルイから融資を受ける方法は、まず高田馬場の店舗で直接現金を受け渡してもらう方法があります。銀行の営業時間でなくても、マルイが営業してさえいれば融資が受けられますので便利です。マルイは平日は午後6時まで営業しています。ただ、高田馬場まで行く手間もありありますし、交通費もかかります。急ぎでなければ口座振込の方が良いでしょう。ただ、振込の場合には、銀行の営業時間、つまり平日の午前9時から午後3時までしか振込ができません。ATMからの引き出しには、金融機関ごとに利用手数料がかかりますので、それにも注意しましょう。

利息額以上を返済する

マルイの返済方法は自由返済です。これは利息額を最低返済額として、自由に返済額を決められるというものです。自由度は高いですが、最低返済額だけを返済していると、元金がまったく減らないので注意しましょう。たとえば金利17%で10万円借りると、1ヶ月の利息額は1397円になります。この金額が最低返済額です。利息は借入残高に金利を掛けて、それを365日で割って日割り額を出し、それに30日もしくは31日を掛けた額です。気をつけたいのは、利息だけ返済しても借金はまったく減らないことで、借入期間が長くなればその分総返済額は多くなります。10万円を借りて翌月に一括で返済すると、返済額は10万1397円になりますが、3万円ずつ返済すると総返済額は10万3212円、4000円ずつ返済すると総返済額は12万4305円になります。借入期間はなるべく短くするよう心がけましょう。

返済期間が決まっている

マルイでの借入で注意すべきなのは、返済期間が最長3年と決まっていることです。3年経って借入額を完済できていない場合には、翌月に一括返済を請求されます。10万円を借入して、毎月2000円ずつしか返済しないとすると、3年後には約7万2000円の借入額が残ります。これを37ヶ月目に全額返済しなければいけません。マルイは非常に借入しやすく、審査も緩めですが、この点には良く注意して利用しましょう。

LIST