学生ローンのマルイの利用では利息のみの返済に注意

一般的な借入の返済額

学生ローンのマルイが一般の消費者金融業者と大きく違うのは返済方法です。一般的には消費者金融業者から借入をすると、最低返済額が提示されます。良くあるケースとして、10万円借入したら毎月最低返済額は4000円、10万円以上20万円までは8000円などと決まっています。たとえば大手の消費者金融業者から金利18%で10万円を借入して、毎月5000円を返済したとすると、返済回数は24回で、利息の総額は1万9772円となります。学生ローンのマルイは自由返済方式です。マルイから10万円を借入すると、翌月には利息は1380円になります。これを最低返済額として、それ以上の額を返済する分には構わないというのが特徴です。

学生ローンの一般的な傾向

学生ローンと呼ばれる金融業者は、マルイだけでなく、アミーゴやイー・キャンパスなどが有名ですが、これらの業者も同様に毎月の返済額は一般の消費者金融業者からの借入に比較しても低めに設定しています。相手は学生ですので、無理をさせないという方針と考えられます。利息さえ返済できれば、後は自由に返済して良いというのが、学生ローンの基本的な姿勢と言っていいでしょう。マルイは学生ローンのなかでも金利が低めで借りやすい業者です。毎月の最低返済額も安く抑えてあるため、いざというときの学生の味方として利用価値はあります。

利息だけの返済に注意

マルイで借入するときの注意点は、利息だけを払っている状態では、元金の返済はまったく進まないということです。10万円の借入をして、翌月に利息だけ払うとすると、次の月も10万円の借金はそのまま残ります。利息の返済だけで良いと考えていると、いずれ返済期限である3年、36ヶ月目がやってきます。37ヶ月目には全額の一括返済を迫られます。返済出来なければ、いわゆるブラックリスト入りします。利息だけを返済するのではなく、元金も減らして行くようにしましょう。キャッシングでは元金を返済するのが目的であるということを理解しましょう。

LIST